春の気配(蛙の卵)

今年も立春を過ぎたので、農作業を開始した。農作業をしていると、写真のように早くも「蛙の卵」を発見した。ついこの前に山陰地方(主に鳥取県東部地域と大山周辺)に大雪が降って寒さが厳しかったのに、季節は春になって来ているんですねぇ。自然界では「水も温んでいるんだね。」ということで、春が直ぐそこまで来ているのだ。写真を見てくだされ。春は、晴れの日、受験合格の晴れの日は、目の前だ。受験生諸君、合格を目指してラストスパートだ。頑張れ。

IMG_1217

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

にわとり、鶏卵の初物

先日、我が家に鶏の雛(雌)が3羽やって来ました。以前からいた雄とで4羽になり、朝から賑やかです。三島鶏卵場の奥さんから「雛なので100日過ぎないと卵は産みません。」と言われていたので、3月まで待たないと卵は無理と思っていたのですが、3日前の朝、卵がありました。それも入口の角に、コロンブスの卵ではないけれど立っていました。柔らかい土の上に卵が鎮座ましましていました。早速、家の神棚にお供えして、「神様の恵みにより、鶏が卵を産みました。」と感謝の言葉を述べ、拝礼しました。それから毎日卵が1個、鶏小屋の入り口の角っこにあります。今日で合計3個になりました。後4日で卵が7個になります。下宿生7人の朝食になりますよ。天然の卵を食べて、この寒さを乗り切ってほしいと思います。

IMG_1162

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

立春(春が来た。蕗の薹編)

春が来た。節分が過ぎ、立春を迎えた。暦の上では「春」ですね。今朝、妻と一緒に雨が降っていたが、日当たりのよい野原を散策した。ありました、ありました「蕗の薹」。毎年、群生していますが、今年も早々と芽を出していました。二人で大量の蕗の薹を摘みました。今晩の夕食は、蕗の薹の天麩羅に決まりですよ。私の主治医には内緒ですが、今晩は蕗の薹の天麩羅と「ビール」を飲みたいですよ。血糖値が上がるかな。まあ、時には良いでしょう。向学舎の下宿生も美味しい「春」を食べてください。

 

IMG_1151

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

鶏の飼育を始めました。

今年は「酉年」です。私は、今年から家の横に養鶏場(雄1羽、雌3羽)を作り、養鶏を始めました。白い鶏が雄、茶褐色の鶏が雌です。雌は春雛で、生後100日余りです。3月頃から採卵ができると言われていますので、鶏卵の採取ができるようになれば、家族や下宿生の朝食等にしようと思います。美味しい目玉焼きに乞うご期待です。

IMG_1147

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

今夜の夕食(大根の巻)

IMG_1120

寒いですね。こんな日の夕食は、「おでん」が良いですね。ということで、近所のスーパーマーケットに食材の買物に行きました。キヌヤ二宮店に行きましたが、ここには地産地消コーナーがありまして、そこに行きました。ありましたね。素晴らしい大根が、奇形というか規格外品で130円でした。しかし、大きさ、量的に2倍はありますね。普通の大根も130円でしたよ。規格外品だからと言って、味が劣るわけではありません。速攻で買い求めましたよ。冬の縛れる日はあったかいおでんが最高です。大根は、今晩の下宿生のおでん料理の主役です。さあ、みんな集まってください。おいしいよ。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

中華人民共和国留学生のホームステイ

島根県立大学院(浜田キャンパス)に中華人民共和国(多民族国家)からの留学生が日本の年末年始を体験しにホームステイにやって来ました。内蒙古自治区と遼寧省の少数民族の学生です。蒙古族ですから、日本人と同じ蒙古斑のあるモンゴロイドです。一見すると日本人と変わりありません。しかし、留学生同士で喋りだすと中国語(北京語、広東語、満州語)です。それで中国人(少数民族)と分かります。年末には、年越し蕎麦を食べ、お正月の朝食にはお雑煮を食べました。日本の正月を楽しんでくれたようです。民間の国際交流を致しました。

IMG_1091IMG_1092

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

中華人民共和国からお客様

中華人民共和国の内蒙古自治区、遼寧省から島根県立大学院に留学してきている女子学生がホームスティに来ました。天狗の仮面を被り、眼が見えませんと燥いでいました。年末には、再び日本の大晦日を体験しにホームスティにきます。正月の御雑煮を一緒に食べますよ。民間国際交流ですね。美人な中華人民共和国の女子大学院生と交流を続けて行きたいです。

IMG_1064IMG_1065

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

下宿生のボランティアに感激


平成28年6月18日㈯の夕方、向学舎の中から大きな笑い声がする。
何ごとと思い、玄関の扉を開けてみた。三人の下宿生がトイレ、お風呂、洗面室等を履いたり、洗面台を磨いたり、それはそれは大変な光景でありました。
3人が心を合わせて、大掃除をしてくれていました。管理人として、感激の至りです。うれしい。ありがたい。感謝感激です。
向学舎を始めて16年になりますが、下宿生が協力して大掃除をしてくれることは初めてです。感謝状を贈呈したいくらい、嬉しさが込み上げてきました。下宿生にも、親御さんにもお礼を申し上げます。お父さん、お母さん、子供さんを誉めて上げてください。下宿生のみんなは素晴らしい。心素直で、みんなで生活する建物をみんなできれいに清掃し、気持ちよく仲良く暮らそうとする心を持っています。本当にありがとう。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

向学舎の最近


平成28年4月から向学舎に新入生4人を迎えました。ポリテクカレッジの1年生、島根県立大学1年生、島根県立浜田商業高校1年生の4人です。
自転車で学校に向かう人、JR都野津駅まで自転車で往復する人様々です。下宿生の中には自動車で学校に行く人もいます。
朝は黙々と洗顔し朝食を食べて学校に急ぎますが、夕食となると4人が
大きな声で談笑しています。他人同士なのに、まるで昔からの友人か兄弟のように仲が良いです。向学舎の管理人として非常に嬉しいことです。
7人定員中4人ですから、3部屋開いています。今から来年の4月にはどんな人が来るのだろうかと、4人が楽しみにしているようです。これからもみんなで向学舎を盛り上げてほしいと思います。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

田植えをしてもらいましたよ。

[gallery〉田植えをしてもらいました。JA島根㈱の関連会社の「めぐみ」の青年従業員が約1時間で田植えを完了してくれました。
品種は「きぬむすめ」です。秋になれば、たわわに実ることでしょう。早朝から朝日を浴びて、夕日も遅くまで日差しをあててくれます。本当に日本という国は、米造りに適した国です。
元気に育て早苗、しっかり強く大きく育て水稲。秋になれば、美味しい新米を食べさせてください。下宿している高校生や大学生が感激するほどに、美味しいお米を実らせてください。お米の神様(大年の神様)よろしくお願いします。二礼二拍手一礼。和顔愛語讃嘆、そして感謝合唱。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする