下宿生のボランティアに感激


平成28年6月18日㈯の夕方、向学舎の中から大きな笑い声がする。
何ごとと思い、玄関の扉を開けてみた。三人の下宿生がトイレ、お風呂、洗面室等を履いたり、洗面台を磨いたり、それはそれは大変な光景でありました。
3人が心を合わせて、大掃除をしてくれていました。管理人として、感激の至りです。うれしい。ありがたい。感謝感激です。
向学舎を始めて16年になりますが、下宿生が協力して大掃除をしてくれることは初めてです。感謝状を贈呈したいくらい、嬉しさが込み上げてきました。下宿生にも、親御さんにもお礼を申し上げます。お父さん、お母さん、子供さんを誉めて上げてください。下宿生のみんなは素晴らしい。心素直で、みんなで生活する建物をみんなできれいに清掃し、気持ちよく仲良く暮らそうとする心を持っています。本当にありがとう。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

向学舎の最近


平成28年4月から向学舎に新入生4人を迎えました。ポリテクカレッジの1年生、島根県立大学1年生、島根県立浜田商業高校1年生の4人です。
自転車で学校に向かう人、JR都野津駅まで自転車で往復する人様々です。下宿生の中には自動車で学校に行く人もいます。
朝は黙々と洗顔し朝食を食べて学校に急ぎますが、夕食となると4人が
大きな声で談笑しています。他人同士なのに、まるで昔からの友人か兄弟のように仲が良いです。向学舎の管理人として非常に嬉しいことです。
7人定員中4人ですから、3部屋開いています。今から来年の4月にはどんな人が来るのだろうかと、4人が楽しみにしているようです。これからもみんなで向学舎を盛り上げてほしいと思います。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

田植えをしてもらいましたよ。

[gallery〉田植えをしてもらいました。JA島根㈱の関連会社の「めぐみ」の青年従業員が約1時間で田植えを完了してくれました。
品種は「きぬむすめ」です。秋になれば、たわわに実ることでしょう。早朝から朝日を浴びて、夕日も遅くまで日差しをあててくれます。本当に日本という国は、米造りに適した国です。
元気に育て早苗、しっかり強く大きく育て水稲。秋になれば、美味しい新米を食べさせてください。下宿している高校生や大学生が感激するほどに、美味しいお米を実らせてください。お米の神様(大年の神様)よろしくお願いします。二礼二拍手一礼。和顔愛語讃嘆、そして感謝合唱。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

田植えをしました。大きく育て、水稲。

カテゴリー: 向学舎 | 1件のコメント

韓国旅行(釜山、高霊、チャガルチ)


5月の連休を利用して、韓国に行ってきました。妻と同伴旅行でした。普段妻には苦労をさせていますから、1年に1回くらいは骨休めをさせてあげなければいけません。
今回は、下関から釜山まで関釜フェリィの「はまゆう」を往復とも利用させていただきました。
釜山に到着すると地下鉄(電鉄)を利用して、チャガルチに朝食を食べに行きました。コンナムルクッパ(豆もやし雑炊)を食べて腹ごしらえ完了です。
釜山駅横に東横インがあり、連泊しましたよ。韓国でも、駅のそばにホテルがあるということで、東横インがあります。
色々と韓国南部を地下鉄を利用して歩き回りました。驚いたのは、行きつけのイーマートが模様替えをしていて、コストコ風になっていて、お土産を買いに行ったのに、大量買いが出来ませんから、韓国農協のスーパーに行きキムチ等の漬物を量り売りで購入しました。キムチは韓国どこでも量り売りが美味しいですよ。
高霊というところにも行きました。ここには、かつて伽耶という国があり、ここが高天原という説があるところです。天照大御神等の後世に作成された石像もあり、円墳の古墳も八百近くあり、これが八百万をイメージさせました。日本及び韓国の学者が古墳を調査していたり、出土品等を展示していたり、妻も私も興味津々でした。もう一度、時間をかけてゆっくりと散策調査をしてみたいと感じました。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

代掻き

荒起こしが終わり、水も隅々まで行き渡りました。代掻きを完了です。今度は、田植えです。
早苗を大事に植えていかなければなりません。
長い年月の間、休耕田でしたから、畦の外側を歩くと勢いよく水漏れしています。(涙)
近所のお婆さんから、そのうちに泥が詰まって行くから、我慢だねと声をかけていただきました。田圃の神様、よろしくです。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

田起こし(粗起こし)

休耕田の雑草を刈り取り、荒起こしをしてもらいました。水口から田圃に引き入れます。
充分に水が行き渡ったら、代掻きです。昔から水争いがあるとは聞いていましたが、その気持ちが当事者になってよくわかります。田圃に水が行き届かなければ、代掻きも田植えもできませんから、死活問題となりますよ。
近所のお爺さんに水の管理の規則を教えていただきました。
田圃に清らかな甘い水が行き届きますようにと手を合わせました。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

休耕田復活(米造り)

江津市跡市町舞立(まいだち)にある休耕田を借用することとなりました。休耕田とは、耕作放棄の遊休地とは異なり、法律に則り行政に「休耕田」として届け出がしてあるところを「休耕田」と言います。
これを復活するには、補助金制度があるのですが、不思議なことに補助金を申請すると水稲(米)を耕作してはいけないらしいのです。私は僅かな補助金よりも補助金を貰わないで水稲を作ることを選択しました。
長年にわたり休耕田でしたから、セイタカアワダチソウ(ぶたくさ)やら雑草が繁茂していたので、家族総出で除草作業の連続でした。
やっと除草作業も終わり、荒起こし、水入れまでこぎ着けました。これから田植えです。面積は4アールです。頑張って、水稲栽培を始めます。下宿している子供にしっかり食べてもらいたいと思います。武士は、腹が減っては戦ができないと言いますから。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

雉を写真に撮りました。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

平成28年4月新下宿生


今年4月に新しい下宿生4人を迎えました。ポリテクカレッジ1年生2名、島根県立大学浜田キャンパス1年生1名、島根県立浜田商業高校1年生1名の合計4人です。
みんな仲良く、食堂でワイワイガヤガヤと楽しそうに食事時間を楽しんでいます。まるで兄弟のようです。
昨日、浜田市のお魚センターに行きましたら、おいしそうな鰤がありました。昨日の夕食は、鰤の「お刺身定食」です。
妻が腕を揮いました。みんな喜んでくれたでしょうか。ご飯はお代わり自由、みんなしっかり食べて、夢に向かって歩いてほしい。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする