田植え(島根県立大学院の留学生と共に)

DSCF0847DSCF0848DSCF0849DSCF0850DSCF0859DSCF0860DSCF0861

5月14日(日)午前10時より島根県立大学院の留学生と共に田植えをした。ロシア人2名、中華人民共和国4人(漢民族2名、少数民族の蒙古人2名)合計6名で行った。ロシアはお米の生産をしていないので、田圃は初体験と言っていました。中国人は「中国では、農作業は機械化がされていないので、未だに手作業です。田植え機を始めて見た。」と言っていました。

この田圃には農薬を使用しません。無農薬有機栽培をします。秋になれば、美味しいお米が収穫されますが、きっと例年になく美味しいお米が収穫できると思います。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

田圃(休耕田)代掻き(パートⅡ)

休耕田とか遊休地とか、いろいろ表現はありますが、「田圃が荒れ果てている。」のです。

3月から休耕田に生い茂っている雑草を家族で除草作業をしてきた。萱が大きな株となり、背丈も1メートルを超えるほどです。草刈機でも何回かに分けないと切り倒すことができない。大変な作業でした。

今月14日に、田植えをします。9月頃には、稲刈りができる予定です。向学舎のご飯は、無農薬有機栽培のお米で焚き提供します。IMG_1367

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

休耕田の荒起こし(向学舎のお米作り)

向学舎に入居する学生に提供するご飯(お米)は、我が家で生産しています。耕作放棄地や休耕田を賃貸契約を締結し、米を生産しています。無農薬有機栽培に取り組んでいます。美味しいお米を作り、入居者にはお腹一杯食べてもらっています。今年は休耕田を4a新規に借用し、「ふるさと支援センターめぐみ」に荒起こしを実行してもらいました。20馬力のトラクターを巧みに操り、みるみる間に4aの休耕田は荒起こしを完了しました。

 

IMG_1350

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

向学舎新生活(平成29年度)

桜の花が満開になり、野山には新緑が栄えてきました。本格的な春の季節がやって来ました。向学舎にも春が来ました。新1年生が3名やって来ました。江津高校1名、江津工業高校1年生、島根県立大学1年生の3名です。みんな初々しい1年生です。今年の向学舎はどんな花が咲くのでしょうか。毎年、色とりどりの花が咲きます。昨年は、笑い声の響く賑やかで、みんなが仲の良い和やかな花が咲きました。今年も親睦の大輪の花が咲いてほしいものです。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

宇恵の杜アパート3DK入居者募集

宇恵の杜アパート3DKの入居者を募集しています。入居可能日は4月末になります。住所は、江津市都野津町398番地9、人麻呂ニュータウンの一角にあります。閑静な住宅街にあり、駐車場2台付きでアパート住民共有の訪問者専用の駐車場もあります。

アパートは丘陵地帯にありますから、高角山から日の出、夕方には窓から見える日本海に夕日が沈む風光明媚なところです。問い合わせ及び仲介事業者は、㈱不動産システム浜田営業所、オフィスM村尾事務所、日本海コンサルタントです。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

下宿空室満室について

管理人です。標題のとおり空室が無くなりました。高校生2名、ポリテクカレッジ学生3名、そして島根県立大学生2名が新年度より新しい生活を始めます。

希望される方がおられましたら、大変申し訳なく思いますが、満室となりましたので、よろしくお願いします。

もし、近所のアパートに入居されて食事(1日3食、弁当を含む。)を希望される方がおられましたら、ご相談に応じますので、お知らせください。

春を迎え希望と不安の入り混じったこの時期ですが、これからが大切な時期です。卒業し気が軽くなり、知らず知らずに無茶をしてしまう時期です。諺にもあるように「勝って兜の緒を締める。」とあります。入学式まで隠忍自重し健康管理等に気を配り、新生活の準備をして下さい。

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

春の気配(蛙の卵)

今年も立春を過ぎたので、農作業を開始した。農作業をしていると、写真のように早くも「蛙の卵」を発見した。ついこの前に山陰地方(主に鳥取県東部地域と大山周辺)に大雪が降って寒さが厳しかったのに、季節は春になって来ているんですねぇ。自然界では「水も温んでいるんだね。」ということで、春が直ぐそこまで来ているのだ。写真を見てくだされ。春は、晴れの日、受験合格の晴れの日は、目の前だ。受験生諸君、合格を目指してラストスパートだ。頑張れ。

IMG_1217

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

にわとり、鶏卵の初物

先日、我が家に鶏の雛(雌)が3羽やって来ました。以前からいた雄とで4羽になり、朝から賑やかです。三島鶏卵場の奥さんから「雛なので100日過ぎないと卵は産みません。」と言われていたので、3月まで待たないと卵は無理と思っていたのですが、3日前の朝、卵がありました。それも入口の角に、コロンブスの卵ではないけれど立っていました。柔らかい土の上に卵が鎮座ましましていました。早速、家の神棚にお供えして、「神様の恵みにより、鶏が卵を産みました。」と感謝の言葉を述べ、拝礼しました。それから毎日卵が1個、鶏小屋の入り口の角っこにあります。今日で合計3個になりました。後4日で卵が7個になります。下宿生7人の朝食になりますよ。天然の卵を食べて、この寒さを乗り切ってほしいと思います。

IMG_1162

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

立春(春が来た。蕗の薹編)

春が来た。節分が過ぎ、立春を迎えた。暦の上では「春」ですね。今朝、妻と一緒に雨が降っていたが、日当たりのよい野原を散策した。ありました、ありました「蕗の薹」。毎年、群生していますが、今年も早々と芽を出していました。二人で大量の蕗の薹を摘みました。今晩の夕食は、蕗の薹の天麩羅に決まりですよ。私の主治医には内緒ですが、今晩は蕗の薹の天麩羅と「ビール」を飲みたいですよ。血糖値が上がるかな。まあ、時には良いでしょう。向学舎の下宿生も美味しい「春」を食べてください。

 

IMG_1151

カテゴリー: 向学舎 | コメントする

鶏の飼育を始めました。

今年は「酉年」です。私は、今年から家の横に養鶏場(雄1羽、雌3羽)を作り、養鶏を始めました。白い鶏が雄、茶褐色の鶏が雌です。雌は春雛で、生後100日余りです。3月頃から採卵ができると言われていますので、鶏卵の採取ができるようになれば、家族や下宿生の朝食等にしようと思います。美味しい目玉焼きに乞うご期待です。

IMG_1147

カテゴリー: 向学舎 | コメントする